日本の関東地方北部、栃木県の「日光市」に所在する社寺、日光東照宮
境内には国宝8棟、重要文化財34棟を含む、計55棟の建造物があります。
また、全国各地から集められた名匠により作られた建物には、江戸時代初期の工芸や装飾技術があますところなく取り入れられ、
彫刻の数は有名な「眠り猫」や「三猿」に始まり、500以上もあるといいます。
「日光の社寺」として、1999年に日本の世界遺産として登録。日本を代表する神社であり、日本建築の伝統技術がここにあります。
いつまでも失われることなく、この素晴らしい日本の技術が継承されていってほしいと思います。

住まいに関するご相談はこちらから
お問い合わせ

関連記事一覧