アメリカの日本庭園専門誌にて13年連続1位!「足立美術館」に行ってまいりました。

FUJIHIROの\日々感じたことBLOG/, 職人の技ー日本文化

11771174
1180

 
 
 

1182

以下、記事抜粋:
島根県安来市に位置する「足立美術館」は、日本画の名作約1500点を展示している美術館。横山大観のコレクションが多いことが特徴で、四季の美に触れながら日本画を楽しむことができます。
アメリカでは「日本で一番美しい庭」として紹介されていることから、観光客も海外から訪れるひとがとても多いそうです。事業家の足立全康氏によって開館された美術館で、贅をつくした庭園自体が美術品として非常に評価を高く受けています。
横山大観、竹内栖鳳、川合玉堂、富岡鉄斎、榊原紫峰、上村松園などの近代日本画だけでもうならせてくれますが、北大路魯山人の陶芸作品がずらりと並んでいるのも、日本人として覚えておくべきでしょう。
という紹介文にもある通り、そこにあるのは落ち葉一つない完成された「日本美」でした。
横山大観の名作である「白沙青松」をイメージした「白砂青松庭」など、ここに来て「圧巻」という言葉がなんども自身を支配してやみません。
施主、作り手の完璧を求める強いこだわりともに、季節によっても様々な顔をみせる足立美術館。四季によって変わるその顔を是非また、拝見しにきてみたいと思いました。

住まいに関するご相談はこちらから
お問い合わせ

関連記事一覧